うちのお酒は買い取ってもらえる?買取できないお酒の特徴を徹底解説!

コラム

お酒を飲まない人にとって、家にあるお酒は何かと場所を取る厄介者です。目的があって自分で買ったものならいざ知らず、会社の上司やお祝いでもらった場合はその扱いに困りますよね。

「飲みもしないのに管理するのは面倒」
「普通に買ったら高そうだから、人にあげるのはちょっと…」
「タダでもらったものだけど、捨てるのは流石に申し訳ない」

そんな悩みを持つ人にオススメなのがお酒の買取サービスを利用することです。実はブランドバッグや腕時計などと同じように、お酒を買い取ってくれる業者というのは存在します。

とはいえ、お酒の買取業者は「お酒であれば何でも買い取ってくれる」というわけではありません。査定に出して買取不可になる前に、まずはチェックしてみましょう。

買取不可になるお酒とは?

買取不可になるお酒とは、次のようなものになります。

  • すでに開封されている
  • 未開封だが明らかに内容量が減っている
  • 中のお酒がおかしい
  • ボトルに欠損がある

お酒の買取業者は、買い取ったお酒を別の人に売ることで利益を得ています。そのため、すでに開封されているお酒や変色しているもの、ボトルが壊れているようなものは商品価値がないため買い取ってくれません。

それぞれ詳しく解説します。

開封済みのもの

お酒というのは、どんな種類でも開封した瞬間から劣化するものです。

開栓後数時間が経過したビールが炭酸の抜けた美味しくない液体になっているのと同じように、ワインやブランデー、焼酎であっても空気に触れていると酸化がすすみ、美味しくなくなります。

酸化の進んだお酒は味が悪くなるだけでなく色や香りなども劣化するため、未開封のものと比べるとその価値は雲泥の差がつきます。

そのようなお酒は誰も飲みたい・欲しいと思わないため売れることもまずありません。そのため、開封済みのお酒は買取業者にとっても商品にならないため買取不可となります。

未開封でも明らかに中身が減っているもの

実は未開封のお酒でも買取不可になるものがあります。それは、未開封なのに何故か内容量が減っているもの。

  • コルクなどの蓋が壊れていて保存出来ていなかった
  • ボトルそのものに欠損があり保存出来ていなかった

このような場合、たとえ未開封であっても開封しているものと同じ扱いを受けます。すでに酸化がすすみ、商品価値がなくなっているため買取不可になってしまいます。

液面低下=買取不可ではない

未開封でも明らかに内容量が減少しているものは、保存が出来ていなかったもの(=開封済みと同義である)と判断されて買取不可になるケースがほとんどです。

しかし、ワインやシャンパンのヴィンテージものは「未開封でも中身が減って当たり前」という考えがあります。

出典:Cielet Vin(液面レベル/目減りについて)

1.ハイ・フィル…ボトルにつめた時のワイン
2.イントゥー・ネック…ビンつめされてから10年経過したワイン
3.ボトム・ネック…10年物~15年未満物のワイン
4.トップ・ショルダー…15年物~20年物のワイン
5.アッパー・ショルダー…20年物~30年物のワイン
6.ミッド・ショルダー…30年物以上のワイン

長期保存が前提とされるワインやシャンパンは、開封せずとも中身がどれだけ減ったかを確認できるように、5~6段階に分けて目盛りが設けられています。

というのも、ワインなどの蓋の多くはコルク栓が利用されており、どれだけ密閉してもコルクがワインを吸収するため蒸発してしまうのです。ただ、ワインなどはこの蒸発を経ることによって風味や味わいが深く熟成されるとも考えられているため、蒸発した=液面低下したので買取不可になるというわけではありません。

たとえば20年以上経過したワインにとって最適な目減りはアッパー・ショルダーと呼ばれる位置ですが、30~50年以上経過したものであればミッド・ショルダーの位置よりも液面が低いことがあります。しかし、これは年代物のワインにとって珍しいことではないので、直ちに買取不可になるわけではありません。

問題となるのは「5年しか経過していないワインの液面がミッド・ショルダーの位置よりも低い」といった、目減りの目安を大幅に超えている液面低下についてです。この場合、コルクの劣化により中のお酒が蒸発したと考えられるため、買取不可になるか大幅な減額査定になってしまいます。

お酒の変色や気泡がある

お酒の管理は温度や湿度が重要となります。正しい管理を行って保存できたお酒は熟成され、どんどんその価値が吊り上がっていくのに対して、間違った保存方法をされたものは未開封だろうとどんどん劣化していきます。

その基準となるのが、お酒の色です。

直射日光に当たっていた、湿度・温度が高すぎたなどの管理方法が悪かった場合、多くのお酒は茶色く変色します。

さらに、スパークリングワインでもないのに中に気泡があるワインは、未開封であっても発酵が進んでいる証拠です。

そのようなお酒は劣化が進んでいるため、商品になりません。よほど価値の高いお酒であれば買い取ってもらえる可能性もありますが、可能でも大幅な減額は免れないでしょう。

賞味期限が過ぎたお酒も買取不可

「お酒には賞味期限がない」と思われがちですが、正しくは「アルコール度数の高いお酒には賞味期限が設定されない」です。

たとえばビールや缶チューハイなどは缶の底に賞味期限が記載されています。この期限を過ぎると買取不可になることがほとんどです。また、賞味期限ギリギリのビールというのも転用が難しいため、買取不可や減額査定となることが多いです。

また、賞味期限についてもビールは約9ヶ月、チューハイは約1年。賞味期限ギリギリを回避しようとすると買取可能な期間はぐっと減るため、買取業者によってはそもそもビール・缶チューハイは買取不可であるとしているところも多いです。

査定に出す前にその会社がビールなどの買取に対応しているか確認しましょう。

ボトルにヒビ割れがある・欠けている

特にワインやブランデーといった、ボトルそのものが美しくデザインされているものは中のお酒だけでなくボトルなども含めて高い価値がつきます。

そのため、ボトルにヒビ割れや欠けがあるなどの場合は減額査定を受けることが多く、もっとひどい状態のものになると買取不可となります。

あまりにもひどいヒビや欠けがあると中のお酒が明らかに減っていることがほとんどです。これはそのヒビ割れなどから外の空気が中に入り、お酒に触れてしまって蒸発しているからだと考えられます。

そのためたとえ未開封であってもヒビや欠けの損傷が多いものは開封済みと同義であるとみなされて買取不可になってしまいます。

個人名が入っていると買取不可になるケースが多い

お酒はお中元などでも贈答品として使われますが、中にはラベルに名前を入れて贈られることもあります。そのようなお酒は買取不可になるケースが多いのですが、その基準は買取業者によって様々です。

たとえば…

  • 個人名でも法人名(会社名)でも、名前があるものは買取不可
  • 個人名は買取不可だが、法人名(会社名)によっては買取可能
  • 個人名も法人名(会社名)も査定結果によってOKかNGか決める

といったように、名前の入ったお酒の取り扱いは会社によって様々です。

そのため、個人名がある=買取不可であるというように、一律には言い切ることが出来ません。

もしも名前入りのお酒を売りたいと考えている場合は、一度査定する前に尋ねてみることをオススメします。

買取可能なお酒は買い取ってもらおう

お酒の買取業者が買い取れないお酒は、

  • 開封済みである
  • 未開封でも明らかに内容量が減っている
  • 中のお酒に変色や気泡がみられる
  • ボトルの欠損がある

といったものです。

お酒の買取業者は買い取ったお酒を別の人や団体に売ることで利益を得ているので、中のお酒に商品価値がない場合は買取してくれません。

もしも手元に未開封で見るからに変色していない、量が減っていないお酒がある場合はラッキーです。繊細な管理が必要なお酒はさくっと買い取ってもらい、お金に変えるのも一つの手です。

おすすめのお酒買取サービスはこちら

お酒の買取サービスを取り扱う会社は多く存在しますが、特におすすめなのは次のサービスです。

買取福ちゃん

買取福ちゃんは多くのジャンルで買取サービスを行い、累計買取600万点を突破した実績あるサービスです。最近はお酒の買取にも力を入れており、お酒に限定しても買取実績は200万点を突破。独自の販売ルートを多く所有していることから高額査定が出やすい会社です。

買取福ちゃんについての詳細はこちらです。



申し込みはこちら

買取福ちゃんはお酒も買取中!買取方法3種類の流れや高額買取のコツを紹介

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました